お金を借りる

お金を借りたい人に

事業主 画像

どうしても手持ちのお金では足りなくて、どこからかお金を借りなければならないという事態に直面することがあるとしましょう。
昨今の不況により、こういった事態に陥ってしまう人は大変増えているのですが、一体どこからお金を借りるのが良いのか悩んでしまうという声を良く聞きます。
そういった場合はキャッシングをおススメしています。
キャッシングというと抵抗を感じてしまう人もいるでしょう。
しかし最近はその手軽さから、とても人気があり利用者は増えているのです。

キャッシングの魅力

手軽に利用できる

申し込みはキャッシング業者のホームページや無人契約機、有人店舗など様々な媒体からできます。
申し込み前にキャッシングに関しての不安なことや疑問があれば、キャッシング業者のフリーダイヤルで聞くこともできます。
また、提出書類も基本的に50万円以下の利用であれば身分証明書のみというところが多く、銀行カードローンに至っては100万円まで大丈夫です。
少額借りる予定であれば身分証明書のみで良いという手軽さなのです。

低金利が魅力

さらに、金利も2010年に貸金業法が改正され、グレーゾーン金利が撤廃されたこともあり、かなり低金利で利用できるようになっています。
以前は最大金利28%前後だったのが、18%前後まで下がっているのです。
支払う金利は利用日数に応じて変動するタイプの支払い方法が大半なので、利用する日数が少なければ少ないほど支払う金利も少なくてすみます。
そして、キャッシング業者によっては初めての利用顧客に限り、無利息サービスを行っているところもあります。
利用金額によって無利息期間は異なりますが、だいたい30日間無利息にしているところが多く、かなりお得です。
もちろん30日以内に全額支払えば金利は0円、元金のみの返済で良いのです。

このように、キャッシングは手軽に利用できるようになっていて、近年とても人気があります。
お悩みの方はぜひ申し込みしてみてはいかがでしょうか。


お金を借りる方法と種類について:キャッシング

キャッシングは小額の借入をするのには適しています。
最近ではコンビニATMなどで利用できますから、もっとも手軽な方法だと言えるでしょう。

 

すでに多くの人が利用していて、ある調査によれば日本人の成人の10人に1人がキャッシングなどの借入を利用しているそうです。
キャッシングを利用するメリットとして挙げられるのは利用の手軽さです。
銀行などから借入をするときには、保証人を探さなければならなかったり、担保を設定しなければならなかったりするのが一般的です。
実際のところ、保証人になってくれる人がいない場合もあるでしょうし、担保となりえるようなものをもっていない人もいるでしょう。
キャッシングではこのようなものが必要ありませんから非常に便利なのです。

 

また、一度契約をしてしまえば、借りるときにこまごまとした手続きが要らないというのも便利なところです。
最近ではインターネット上で簡単に借入の申請ができますから、借りるたびに書類を提出したりしなくて良いというメリットもあります。
便利な点は色々あるのですが、借入としてみた場合には不利な部分もあります。

 

まず、金利が高いと言うのは大きなデメリットでしょう。
住宅ローンなどに比べると、かなり高金利です。
住宅ローンでは、住宅を担保に設定することによって金利を下げることができるというメリットがあるのですが、キャッシングでは担保を設定しないために、金融機関は金利を高くせざるを得ないのです。